TOP | ゲストブック | 愛車紹介 | 愛車 | 愛車の動画 | 車&モータースポーツ | ミリタリー&戦歴 | 鉄道 | 模型 | 映画&TV | 音楽 |  | グルメ | 料理 | 動物 | サイエンス | 雑学 | アート | ニュース | UFO&UMA | 超常現象 | お笑い | その他 | 
リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
趣味の秘宝館
<<2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09>>
プロフィール

yas.gc8b

Author:yas.gc8b
長州生まれで、博多っ子。
現在、つくばに生息してます。

多趣味な動物大好きな野郎で
特にモータースポーツと模型は
生涯の趣味になってます♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
「サイエンス 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.02.16 Sat
小惑星16日未明に地球最接近
小惑星

日本時間16日未明に地球に最接近する小惑星「2012 DA14」について、米航空宇宙局(NASA)は詳細な観測結果を公表した。気象衛星や放送・通信衛星などの静止軌道の内側を通過するが、「地球への衝突はない」という。

 最新データによると、2012 DA14は秒速7.82キロの速さで地球へ南極の方向から近づき、日本時間16日午前4時24分(協定世界時15日19時24分)にスマトラ島沖の東インド洋上空で地球に最接近した後、北極の方向へ通過する。最接近時の地表からの距離は、地球を2個分並べた約2万7700キロ。赤道上空約3万5800キロの静止軌道よりも近いが、高度386キロ上空の国際宇宙ステーションやその他の人工衛星などへ衝突する可能性はかなり低く、通過距離を軌道とする人工衛星もほとんどないという。

 2012 DA14は昨年2月23日、スペイン・マヨルカ天文台の観測で発見された。直径約45メートル、推定質量は約13万トン。このサイズの小惑星の地球衝突は、1908年にシベリアのツングースで起きたものが知られており、このときは1200平方キロメートルの森林がなぎ倒された。

 地球に最接近した2012 DA14が、再びやって来るのは2046年2月16日だが、地球から10億キロも離れたところを通る。NASAの研究者によれば、同程度の小惑星は地球周辺に約50万個あるとみられるが、発見されているのはわずかに1%以下。平均して40年に1回地球に接近し、1200年に1回衝突していると計算されている。

-National Geographic-

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術
サイエンス    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2013.02.03 Sun
喫煙欲求に関わる脳部
喫煙

「たばこを吸いたい」という欲求には、大脳の2カ所の部位が連携していることが、理化学研究所・分子プローブ機能評価研究チームの林拓也・副チームリーダーとカナダ・マギル大学モントリオール神経研究所のアラン・ダガー(Alain Dagher)教授らの研究で分かった。一方の部位に磁場をかけて活動を抑えると、吸いたい欲求も抑えられた。2カ所の部位の連携の乱れが薬物依存症の原因の1つとも考えられ、発症メカニズムの解明や有効な治療法の開発が期待される。

喫煙の欲求は、たばこを連想させる視覚刺激(他人の喫煙シーンなど)によって誘発され、欲求の強さは、すぐに吸える場所か、入手可能かといった、状況によって変化することが知られている。しかし、このような状況依存性の喫煙欲求が、脳のどこでどのように形成されるのかは詳しく分からなかった。

 研究グループは、10人の喫煙者(女性3人、男性7人、平均年齢23歳)に喫煙シーンの動画を見せ(視覚刺激)、「実験後すぐに喫煙できる」「実験後4時間は喫煙できない」の2つの場合での、大脳の前頭葉にある前頭前野の活動を「機能的MRI法(fMRI)」によって観察した。前頭前野は複雑な認知や行動、意欲などに関わる部位で、近年の研究で喫煙欲求にも関係する可能性が示唆されていた。さらに実験では、外部から局所的な磁場をかけて神経活動を一時的に抑制する「経頭蓋(けいずがい)磁気刺激法(TMS)」を用いて、喫煙欲求の変化を調べた。

 その結果、喫煙欲求の強さに関わる部位は前頭前野の腹内側部「眼窩(がんか)前頭皮質」、喫煙の可否状況に応じて喫煙欲求を促進する部位は前頭前野の背外側面「背外側前頭前野」にあることが分かった。たばこをすぐ吸える状況では、喫煙欲求度は強かったが、TMSを用いて人為的に「背外側前頭前野」の神経活動を抑制すると喫煙欲求が下がり、すぐには吸えない状況と同じくらいの低い喫煙欲求度になった。「眼窩前頭皮質」の活動も減衰した。

 これらのことから、状況に応じた喫煙欲求の促進は「背外側前頭前野」と「眼窩前頭皮質」を結ぶ神経ネットワークの連携によるものと分かった。このネットワークに注目することで、新しい薬物依存症の治療ターゲットや依存症の評価法の開発につながる可能性が示唆されるという。

-National Geographic-

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体
サイエンス    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.11.26 Mon
ビールのホップに動脈硬化予防効果
ビール

ビール原料のホップに含まれる成分「キサントフモール」に動脈硬化を予防する効果があることが、北海道大学大学院保健科学研究院の千葉仁志教授や同大学院医学研究科の伊敏・助教らとサッポロビール(株)による、マウスを使った研究で分かった。キサントフモールにはほかにもガン細胞の増殖抑制作用や、抗変異原活性、抗HIV作用などの生理活性があることが、国内外の研究で知られている。千葉教授らはさらに、キサントフモールの脂質代謝への影響などについて、ヒトレベルでも明らかにしていくという。

心筋梗塞や脳卒中の発症にもつながる動脈硬化を防ぐには、血清中の総コレステロール値の低下のほか、“善玉”の「HDLコレステロール」値を上げることが、ふだんの健康管理では必要になる。HDLコレステロールは、肝臓や小腸で合成されて血清中に存在する「コレステリルエステル転送蛋白(Cholesteryl ester transfer protein, CETP)」によって、“悪玉”のLDLコレステロールや超低比重リポ蛋白に転送され、量が減ってしまうことから、HDLコレステロールの上昇を促すCETP阻害薬の開発が、医薬業界では進んでいる。

研究チームは、CETPの遺伝子を導入したマウスに、キサントフモール(0.05%)とコレステロール(1%)を混和した餌を18週間摂取させ、血清中のHDLコレステロール値とCETP活性を測定した。その結果、キサントフモール入りの餌を摂取したマウスでは、HDLコレステロール値が増加し、CETP活性は低下した。さらに、動脈硬化を測定する際の指標部位の「胸部大動脈弓」で総コレステロールの蓄積量を測定したところ、キサントフモールの摂取により、有意に蓄積量が減少していた。これらのことから、キサントフモールには、CETP活性を阻害し、動脈硬化を予防する効果があることが分かった。

これまで食品成分や天然物の成分で、CETP活性の阻害作用をもつものは報告されていなかった。今回のホップ成分「キサントフモール」が、天然物としては世界で初めての発見だという。研究論文は16日、米科学誌「PLOS ONE」オンライン版に掲載された。

なお今回の研究成果は、文部科学省「知的クラスター創成事業(現、地域イノベーション戦略支援プログラム)」の一環として2007年スタートした産学官連携プロジェクト「さっぽろバイオクラスター“BIO-S”」において得られた。

-National Geographic-

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ
サイエンス    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2012.11.10 Sat
人のように話すゾウ
ぞう

ある日、ゾウのコミュニケーションを研究するジョイス・プール(Joyce Poole)氏に、韓国ソウル郊外のテーマパーク「エバーランド」のスタッフから動画が送られてきた。韓国語を話すゾウ、コシキ(Koshik)の存在を専門家が初めて認識した瞬間である。プール氏は、ゾウの調査と保護を進めるNGO団体「ElephantVoices」に所属している。

「ねつ造とは思えず、本当に驚いた。明らかに人間の声を真似ていた」と、同氏は当時を振り返る。チームの仲間に動画を見せたところ、「科学的に真偽を調査する必要がある」との結論に達したという。

「コシキは間違いなく韓国語を話している」。そう断言するのは、プール氏の同僚だったウィーン大学のアンジェラ・ストーガー(Angela Stoeger)氏。あれから6年が経過していた。


◆言葉を聞き取る能力

ストーガー氏のチームはまず、コシキの発する声がそもそも言葉なのか検証する必要があった。担当調教師からは、アンニョン(こんにちは)、アニ(違う)、アンジャ(座って)、チョア(良い)など6つの単語を話せるという説明があった。

そこで、このゾウについて何も知らない韓国人に、録音した47種類の声を聞かせて、どのように聞こえたか書き留めてもらった。「ゾウの声とは伝えたが、内容は伏せておいた」という。

調査の結果、コシキの声は人間の耳でも容易に聞き取れると判明。なお、母音の方がわかりやすく、いまだ発音に苦労している子音は判別できないケースもあった。

「100%の正解率ではなかったが、事前に内容を知らされていなければ、オウムの上手な声真似でも理解するのは難しい」とストーガー氏。

しかし、ゾウの鳴き声のバリエーションである可能性も捨てきれない。そこでチームはコシキの言葉と一般的なアジアゾウの鳴き声を比較し、まったく異なると確認した。担当調教師が発する命令とイントネーションや周波数が同じなので、声真似をしていると考えられる。


◆長い鼻を活用

話すだけでも驚きだが、発音の仕組みはさらに興味深い。「オゥ」と発音するとき、人間は頬をすぼめて唇をとがらせる。大昔に上唇が発達して長い鼻を獲得したゾウは、「頬と唇」という構造がなく、解剖学的には同じ発音ができない。

しかし、コシキは長い鼻を口の中に巻き入れ、下顎を動かすという独特の方法を発明した。ストーガー氏によると、アジアゾウでは大変ユニークな発音方法だという。

ゾウに限らず、動物でもオランウータンぐらいしか確認されていない。オランウータンは、手や木の葉を使って鳴き声の周波数を微調整する。


◆ゾウ社会と隔絶

長い鼻を器用に使って人間の発声機構を模倣する背景には、人間との親密な社会的繋がりがあるようだ。

コシキの声真似が初めて確認された14歳まで、ほかのゾウとほとんど接する機会のない青春期を過ごしていた。

「ゾウは社会性と知能が非常に高く、性格もそれぞれ異なる。周りの状況に応じて、普段から信じられないほど多様な鳴き声を使い分けている」と、ElephantVoiceのプール氏は指摘する。なお、同氏は今回の研究には参加していない。

「もしかしたら、コシキの声真似は驚くような現象ではないのかもしれない。社会性、柔軟性、認識能力、身体能力に優れたゾウが、身近な音を模倣しただけとも言える」。

ストーガー氏の最新研究は、「Current Biology」誌オンライン版に11月1日付けで公開されている。

-National Geographic-

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術
サイエンス    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2012.11.02 Fri
人間の声をまねるシロイルカ
シロイルカ

人間の声をまねる動物といえば鳥が有名だが、シロイルカ(ベルーガ)にも同様の能力があるらしい。

調査対象となったシロイルカはオスで、名前は「ノック(NOC)」。アメリカのカリフォルニア州サンディエゴに拠点を置く非営利団体、「全米海洋哺乳類財団(National Marine Mammal Foundation)」で30年間飼育され、2007年に死亡している。

研究者たちが奇妙な現象に気付いたのは1984年。周囲に誰もいないのに、ノックの水槽の近くで話し声が聞こえたという。

論文の主執筆者サム・リッジウェイ(Sam Ridgway)氏は、「確かに会話だったが、内容までは聞き取れなかった」と振り返る。同氏はサンディエゴで実施されている、アメリカ海軍の海洋哺乳類プログラム(Marine Mammal Program)にも参加している。

その後、ノックの水槽に潜ったダイバーが「out(出ろ)」という声を繰り返し聞いた。ダイバーは水槽から出て周囲の人に尋ねたが、誰もそのような指示はしておらず、声の主はノックと判明した。「初めての経験で驚いた」とリッジウェイ氏は語る。


◆声を低くして人間を模倣

1980年代、リッジウェイ氏のチームはノックの“言葉”を録音、人間の声に近いリズムと周波数だった。「話のような声は、ノックが出す通常の音に比べて周波数が数オクターブ低い」。

ノックが人間の声をまねたのは、1980年代後半の4年間だけだった。リッジウェイ氏は、性成熟に達してまねを止めたと推測している。

イギリス、セント・アンドリューズ大学の海洋生物学者ピーター・ティアック(Peter Tyack)氏も、ノックは人間のイントネーションを身に付けたようだとコメントしている。同氏はリッジウェイ氏の研究について、人間の声を聞くだけで、まったく新しい音を出せるようになると示した点が重要だと評価する。

ただし、模倣の精度に関しては、1970年代にメイン州の家庭で飼育されていたゼニガタアザラシ、「フーバー(Hoover)」の方が高いという。5歳になると人間の言葉をまねし始め、「メイン州訛りまで身に付けていた」とティアック氏は説明する。


◆海洋哺乳類は模倣がうまい?

ティアック氏によれば、海洋哺乳類はお互いを模倣する能力を持っており、同じ方法で人間の声色を発声している可能性があるという。例えばイルカは、個体ごとに異なる「シグネチャーホイッスル」を模倣する場合があり、ザトウクジラもお互いの歌を学習すると確認されている。

「ノックやフーバーが、人間の言葉の意味を理解していた可能性は低い。意味まで理解しているとはっきり証明できた例は、ヨウム(オウムの一種)の“アレックス(Alex)”だけだ」とティアック氏は述べる。

リッジウェイ氏のチームでは、鼻道(人間の気管に相当)に小型の装置を取り付けても気にしないようノックを訓練し、データを収集。人間の声をまねる際は、通常の音を出す場合よりはるかに高い圧力で気嚢を膨らませていると突き止めた。ノックは“話す”と頭部が大きく膨らんでいたが、その原因は気嚢だったのだ。

シロイルカなどのクジラ目にとって、人間の声まねは非常に難しいようだ」とリッジウェイ氏は話している。

-National Geographic-

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術
サイエンス    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。