TOP | ゲストブック | 愛車紹介 | 愛車 | 愛車の動画 | 車&モータースポーツ | ミリタリー&戦歴 | 鉄道 | 模型 | 映画&TV | 音楽 |  | グルメ | 料理 | 動物 | サイエンス | 雑学 | アート | ニュース | UFO&UMA | 超常現象 | お笑い | その他 | 
リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
FC2カウンター
趣味の秘宝館
<<2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05>>
プロフィール

yas.gc8b

Author:yas.gc8b
長州生まれで、博多っ子。
現在、つくばに生息してます。

多趣味な動物大好きな野郎で
特にモータースポーツと模型は
生涯の趣味になってます♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
「車&モータースポーツ 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.12.08 Sat
奇跡の脱出
   
GC8_000.jpg
   ※画像はイメージです。
   
   9人もの死者を出した中央自動車道・笹子トンネルの天井崩落事故。
   偶然その場に居合わせたNHK記者が事故の瞬間に乗っていた車のアクセルを
   思いっきり踏み込み、損傷は受­けたものの奇跡的に脱出した。
   
   辛くも事故を回避出来た、GC8(インプレッサ)Sti V-limited?の映像です。


   あの崩落事故で、無事に脱出出来たのは何よりでした。
   今時の走りのぬるいエコカーだったら、多分、こういう脱出は無理だった事を考えると、同じGC8
   ユーザーとして、小生も複雑な気分になります。。。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:車・バイク
車&モータースポーツ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2012.10.23 Tue
車の衝突防止装置は安全か?
衝突防止装置01

   最近の車の技術の進化は凄いものがあります。
   ここ数年は車好きな人が少なくなり、エコカーが売れてる現状が示す様に、車は単に
   移動する「足」、「コミューター」としての需要となり、実際、一時期みたいに走りや
   ドライビング、モータースポーツを楽しむ為の車種が大変少なくなってます。
   特に日本車では絶望的な状況です。

   マニュアル(以後MT)車は一部生き残ったスポーツ志向の車種のみでオートマチック
   (以後AT)が当たり前になりいつの間にかオートマ限定の免許さえあります。

   アクセルとブレーキペダルのみでクラッチ操作のある3ペダルのMTと違って、運転が
   簡単そうにみえるATですが、実は思わぬ落とし穴があります、教習場等での教え方にも
   小生は問題があると思いますが、近年特に多い、アクセルとブレーキペダルの操作ミスに
   よるAT車の暴走事故です。
   片足でペダルを操作することによる弊害だと思ってます。


   さて本題。スバルの「EyeSight」、マツダの「SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)」、
   フォルクスワーゲンの「CityEmergencyBrake」等の衝突防止装置が注目されて、実際に
   人気となってるそうです。
   安全そうにみえますが果たしてそうでしょうか?

   脇見運転して気が付いたら衝突目前!ても車が自動で緊急停止して無事♪

   そんなCMを最近、見かけますが、このCM自体が脇見運転を助長してるようだし、この車に
   のれば衝突事故は回避できるみたいな錯覚を覚えるのは仕方ないでしょう。

   安全に絶対はありません
   車は運転するもので運転されるものでは無いのです

   
   懸念されるのは以下です。

   ・装置を過信して運転そのものがおろそかになる(ドライバーの運転技能の低下)
   ・危険回避でドライバーの意思に反して急停止する為、後続車が追突しやすい状況が起こる。
   ・装置の能力を超えて追突事故に陥った場合、ユーザーの不注意をメーカー責任のとして
    訴えるバカが必ず出てくる。

   まだまだ考えられるケースがあるでしょうが、特に2番目のケースが増えるのではと懸念します。
   AT限定免許制度が導入されてからAT車の暴走事故が急激に増えた事実を考えると、
   衝突防止装置の付いた車が普及すると事故が減るどころか逆に追突による事故が増える
   のではないかと小生は思います。

テーマ: - ジャンル:車・バイク
車&モータースポーツ    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2012.08.19 Sun
バイクレースの珍事♪
   こういう事もあるんですね♪
   
   カテゴリーをお笑いにしようかと迷ったほどです☆彡

   2輪の事は詳しくないので判りませんが、今時、珍しいル・マン式スタートでの珍事です。



   すごい剣幕で怒られていますが、そりゃあ怒られるってもんです。

   確かに同じバイクが並んでたら、間違えそうではありますが……。

   間違われた方としても、さぞかしパニックになったと思われます(笑)

   ※ル・マン式スタートとは?
    コース幅の片側に競技車を配置し,ドライバーは車両の反対側からコースを
    渡るよう駆け寄って乗車しスタートする方式。



   

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク
車&モータースポーツ    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

2012.08.04 Sat
レックス相田君
レックス

   知ってる人は知っているスバルのレックスです。

   以前もちょっと紹介した事がありますが、このレックスをこよなく愛するモータースポーツ
   ユーザーが相田君なのです☆彡

   彼の愛車、レックスとその走りです。


      レポーターはのむけんことD1で有名な野村謙さんです。





      レックスで最高のパフォーマンスな走りをしてます♪
      D1では伝説になってるそうです(笑)

      これからも相田君にはレックスで頑張って欲しいですね☆彡

車&モータースポーツ    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2012.08.02 Thu
フォルクスワーゲン・ジェッタ
フォルクスワーゲン・ジェッタ01

   1996年製のフォルクスワーゲン・ジェッタです。
   
   乗ろうとした時に、悲劇が起ったそうです・・・




フォルクスワーゲン・ジェッタ02

          こんな事もあるんですね(^_^;)
          キーを差したら錠のシリンダーごと抜けてしまったそうです。。。

テーマ:自動車・バイク関連ニュース - ジャンル:車・バイク
車&モータースポーツ    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。